MENU

コジットのバターピーラーナイフが人気の理由は?使い方・使ってみた感想

冷蔵庫から出したバターを、もっと手軽に使いたい

力を入れなくても、簡単にバターを削るアイテムが欲しい

バターは、朝食や料理に欠かせないですよね。でも、冷蔵庫から出したばかりのバターは固くて、すぐに使えずに困ったことはありませんか?

今回ご紹介するコジットのバターピーラーナイフは、冷蔵庫から出したばかりのバターが、簡単に削れる画期的なアイテムです

この記事では、コジットのバターピーラーナイフを実際に使ってみた感想や、おすすめの使い方まで詳しく解説します。

バターピーラーナイフはこんな人におすすめ!
  • バターピーラーナイフの使い方が知りたい
  • バターピーラーナイフの購入を迷っている
  • コジットのバターピーラーナイフを実際に使った感想が知りたい
目次

コジットのバターピーラーナイフを実際に使ってみた感想

eriko

朝食は、トースト派の筆者。
冷蔵庫から出したバターを、使いたい量だけサッと削れたら、朝食がもっと楽しくなりそうです。

バタートーストを食べるのが理想でも、時間がない朝はバターよりも手軽なマーガリンを使いがち。
バターピーラーナイフは、朝食で「バターを塗って、トーストを食べたい」そんな想いを叶えてくれます。

早速、バターピーラーナイフを使用した感想や使い方までご紹介します。

バターピーラーナイフは、先端に穴が4つ空いているステンレス製のバターナイフです。軽量コンパクトで、ピーラーに近い形状です。

コジットのバターピーラーナイフの使い方

コジットのバターピーラーナイフの使い方は、とてもシンプルです。

バターピーラーナイフの使い方

冷蔵庫から出したバターを、バターピーラーナイフで削ります。

削る時の2つのポイント
・力を入れずに、やさしい力で削る
・奥から手前の方向に削る

バターは、上部にカール・下部にロールの形状に削れます。

パンに塗りたい場合は、バターを削っていた面の裏側と側面を使って塗ることができます。

バターピーラーナイフを使えば、バターが薄く削れるので、簡単に塗り広げることができます。

コジットのバターピーラーナイフの洗い方

先端の穴に残ったバターは、食器洗いでちゃんと落ちるの?

コジットのバターピーラーナイフは、先端に穴が4つ空いているので、バターが詰まりやすいです。

そのため「ちゃんと洗い流せるのか」と不安になる方も多いのではないでしょうか。

先端に詰まったバターは、お皿と同様の洗い方で落とせます◎
手洗いもOKですが、食器洗浄機にも対応しています!

もちろん、バターの主な成分は乳脂肪のため、水洗いだけではなかなか落ちません。(※画像左側参照)

しかし、食器用洗剤を使用してスポンジで洗えば、穴に詰まったバターもしっかり落とせます。(※画像右側参照)

食器用洗剤でもバターのギトギト感が残る場合は、お湯で洗い流すときれいに落ちます

バターピーラーナイフを使ってみた正直な感想

コジットのバターピーラーナイフは、本当に固いバターでも軽い力で削れるのでしょうか。

1週間程度冷蔵庫に入れっぱなしにしていた固形のバターを、バターピーラーナイフで削った結果がこちらです。

ほとんど力を加えなくても、簡単に削ることができました!

eriko

今回は、カチコチのバターにバターピーラーナイフを使いました。
想像以上に軽い力で削れるので、子どもや年配の方でも簡単に使えそうです◎

バターピーラーナイフで削った結果
  • ほとんど力を加えなくても、ロール・カールの形状にバターが削れる
  • 軽い力で削るため、適量のバターを削ることができる
  • ロール状のバターが、いつもの朝食をおしゃれにしてくれる

次に、実際にいつも使っているバターナイフと比べてみました。

バターピーラーナイフの方が薄く削れているので、バターが溶けやすく食パンに馴染みやすいです。

バターピーラーナイフの方は、食パンの上にバターを置くとすぐに溶け始めます。バターを塗り広げる手間が省けて時短になります◎

トースターで焼いた時の違い

いつものバターナイフで削ったバターは、溶け切っていません。一方で、バターピーラーナイフで削ったバターは、溶け出すのが早くパンに染み込んでいます。

eriko

バターピーラーナイフで削ったバターは溶けるスピードが速いので、トーストも美味しく仕上がります!

バターピーラーナイフを使った正直な感想まとめ
  • 固いバターが簡単に削れるので、子供や年配の方でも使いやすい
  • ロール状がおしゃれで、いつもの朝食がランクアップする
  • 溶け出すスピードが速く、トーストにバターがしっかり染み込んで美味しくなる

番外編:バターピーラーナイフは、マーガリンにも使える?

バターではきれいなロール・カールの形状に削ることができましたが、マーガリンにも使うことはできるのでしょうか。

eriko

正直なところ、バターを毎日使うのは、コスパが気になるところです。
そこで、バターピーラーナイフはマーガリンにも使用できるのか、試してみました。

いつも自宅で使っているバターナイフは、ベーシックなナイフの形です。
バターが深く削れるので、たまに量を多く取りすぎてしまいます。

バターピーラーナイフで、マーガリンを削ってみた結果

マーガリンでも問題なく、スムーズに使用することができました。

さらに、いつも使っているバターナイフに比べると、間違えて多い量を削ってしまうこともないので、無駄づかいを防ぐことができます。

マーガリンでバターピーラーナイフを使ってみた結果
  • バターよりやわらかいマーガリンでも、軽い力でうまく削ることができた
  • いつものバターナイフよりも、毎回同じ量を削ることができて便利

バターナイフにはどんな種類がある?

バターナイフには、素材や形状にさまざまな種類があります。

バターナイフに使用されていることの多い素材は、以下の通りです。

バターナイフに使用される主な素材

  • ステンレス:細菌を寄せ付けず、衛生的。耐久性が強く、お手入れがラク
  • 木材:軽量で割れにくく、使いやすい
  • 銀メッキ:抗菌作用がある。熱伝導が高く使いやすい など

中でも、衛生的でお手入れが楽な「ステンレス製」は一般家庭でも使用されており、人気があります。

おしゃれなカフェやレストランには、木製のバターナイフが置いてあることもありますよね!
バターピーラーナイフはステンレス製なので、衛生的でお手入れも簡単です!

バターナイフとバターピーラーナイフの違いは?

次に、バターナイフの形状には「バターナイフ」「バタースプレッダー」「バターピーラーナイフなどがあります。それぞれの用途は以下の通りです。

主なバターナイフの形状・用途

  • バターナイフ:主にバターの切り分けに使われる
  • バタースプレッダー:主にバターを塗り広げるときに使われる
  • バターピーラーナイフ:バターを薄く削る+塗るが1本で出来る など

バターナイフだけでも、ベーシックなナイフ型から先端がギザギザしているものなど、豊富な種類が展開されています。

こだわりがある人は、多くの種類のバターナイフを使い分けることもあるそうです!

固いバターを削るならバターピーラーナイフがおすすめ

用途ごとにバターナイフの種類を使い分けることもありますが、家事を時短したいと思う方も多いのではないでしょうか。

バターを切らずに保存して、冷蔵庫から出したらすぐに使いたい!

と思う人は、切る手間が省けて「削る・塗る」が1本で完結するバターピーラーナイフがおすすめです!

すでに自宅にバターナイフがある場合でも、1本常備しておくと便利なアイテムです。

バターピーラーナイフの口コミ・評判

画像:コジット公式オンラインショップより

コジットのバターピーラーナイフの口コミ・評判を、一部ご紹介します。

購入者

日々使ってます。冷蔵庫から出してすぐのバターもスーッと切れます。ストレスがなくなりました。

購入者

テレビで見て欲しいと思いました。
購入して大変気に入っています。

購入者

本当にカチカチのバターもかんたんに削れて、トーストにのせるとすぐ溶けるので便利。

購入者

デザイン的に美しい。
硬いバターが細くくるくると削れるので、パンに塗りやすい
木製のバターナイフの油が馴染んだ色も美しいけれど、高温多湿でバターを常温保存は出来ない日本では、冷蔵庫で硬くなったバターを削るステンレスのバターナイフが良いです。

コジットのバターピーラーナイフは、テレビ番組でも紹介された人気のアイテムです。

eriko

¥1,078(税込)と、プチプラ価格なのもうれしいポイントです!

これで解決!バターピーラーナイフでバターをうまく削るコツ

口コミの中には「うまく削れなかった」という意見もありました

そこで、筆者が実際に使用して感じた「うまく削るコツ」を2つご紹介します。

バターピーラーナイフでバターをうまく削るコツ

  • 角度を調節する
  • 力加減を調節する

コツ①角度を調節する

コジットのバターピーラーナイフは、直角に立ててしまうと、うまく削れません。

その場合は、角度を調整することで解決します。

バターに対して斜め45度くらいの角度で使うと、うまく削ることができます。

コツ②力加減を調節する

角度を調節してもうまく削れない場合は、バターピーラーナイフをバターに深く刺しすぎている可能性があります。

バターピーラーナイフは、軽い力で使うことができます。力を入れすぎると、バターがうまくカールせず、穴が詰まってしまいます。

バターを強い力で削ろうとせずに、添える程度の力加減でOK!

まとめ

画像:コジット公式オンラインショップより

ここまで、コジットのバターピーラーナイフを実際に使ってみた感想や、おすすめの使い方を解説しました。

eriko

自宅で簡単にバターが削れるようになったので、毎朝トーストを食べるのが楽しみになりました。誰でも簡単に削れるので、家族の間でも人気です!

最後に、コジットのバターピーラーナイフが人気の理由をまとめました。

バターピーラーナイフが人気の理由まとめ
  • 軽い力でバターが削れて、子どもやお年寄りでも簡単に使える
  • 固いバターはもちろん、マーガリンにも使える
  • 溶けるスピードが早く、トーストが美味しく仕上がる
  • 切る手間が省けて、削る・塗るが1本で完結する
eriko

バターピーラーナイフは、バターを削るのが楽しみになる画期的なアイテムです。ぜひ一度お試しください!

▼最新記事はこちら

Follow me!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次